金買取相場.net|しっかり売るコツ!口コミ評判~厳選5社!! TOP知っておきたい金の常識 >世界の金

世界で一番金を採掘しているのはどこ?

国別の金産出量を見ると、世界でもっとも多いのは中国です。全体のおよそ16%となっています。次いで豪州の9%、ロシア9%、アメリカ7%、カナダ6%、ペルー5%、南アフリカ5%、ウズベキスタン4%、それ以外はその他の国々となります。

では、これまで世界でどれほどの金が発掘されたのか気になりませんか? 古い歴史をさかのぼって資料を参考にして調べた結果、およそ165,000トンもの金を私たち人間が発掘したそうです。ピント来ないかもしれませんが、50メートルプールのおよそ3杯もの量です。これを多いと思うか少ないと思うか、個人差があるかもしれませんが、今後発掘されると予測される金の量は、同じプールでおよそ1杯分ぐらいと言われています。

限りある資源なのでさらに希少価値が高くなり、需要も高まること間違いなさそうです。今もなおアクセサリーや装飾品としてとても人気がある金。もちろん工業用としても使われるシーンが多くなります。工業用として使われるシーンが多くなればなるほど、装飾品として使える金に限りがでてきますから、ますます金の価値が高まりそうな予感がします。

金の買取で高額買取が今もなお可能なわけが少し分かったような気がします。