金買取相場.net|しっかり売るコツ!口コミ評判~厳選5社!! TOP知っておきたい金の常識 >本物偽物判別

偽物の金でも高額買取になることがある

自分が持っている金製品がどの種類に判別されるのかよく分からないという方も多いのではないでしょうか。種類については刻印されている数字やアルファベットを元に判別することができます。

例えばK24と刻印されていれば純金という証になります。これがK18であれば18金という意味です。ところが18Kというように、アルファベットが後ろについている場合もあります。これは何を意味するのかというと、K18のように前にアルファベットがある場合は日本国内で作られたものという証拠になります。18Kというように後ろに来る場合は日本以外で作られたものということなのです。

それからダングステンと呼ばれる金属もありますが、金やプラチナなどは重さによって価値が決められます。ダングステンは金やプラチナに大変比重が似ているので、上から加工して金やプラチナに見せかけたものもあります。

金メッキのように、上から加工されたものであっても場合によっては買取してもらえることもあります。指輪などの装飾品や、よく見かける金杯などは重さが1kg以上あると買取してくれる業者もあるようです。

さらに有名ブランド物であれば付加価値が付くことから買取可能とみなされることも少なくありません。