金買取相場.net|しっかり売るコツ!口コミ評判~厳選5社!! TOPシッカリ売るために >重さ・品質の価格

金の価値は何で決まるのか

金の買取について調べていると気になるのが、手元にある金にどのぐらいの価値があるのかということです。もちろん査定を依頼すれば確実なのは分かっているのですが、査定に出す前にある程度の価格を知りたくなるのが本音です。

さて、金と言っても様々なものがあります。装飾品と言うのが一般的かもしれませんが、金のコインもあります。装飾品と言ってもネックレス、ピアス、指輪など色んな種類がありますね。そのため、同じ金でも形が違えば買取価格に影響するのかどうかが気になってきます。

しかし、金は重さで価格が決まるので、その形がネックレスでもピアスでも、指輪でもコインでも変わりはありません。1グラム当たりいくらという相場に応じて買取価格が決まるのです。

ただし、金には様々な品質があります。純度99.99パーセント以上の金は「24金」と呼ばれているものです。純度で言えばこの24金が一番高い値段で取引されます。18金と呼ばれるものもありますが、こちらは24金よりも純度が低くなるので査定額も24金より低くなります。

しかし、装飾品の場合は金だけでなくほかの宝石も一緒にデザインされているものが多いので、金の相場だけでは価値が決まりません。金の相場とその他の宝石の相場を合わせた金額が査定額として提示されます。